確定申告は税理士に相談しよう
2017.04.24

男性確定申告を税理士に相談すると、節税対策ができ、時間も節約できます。自分の事業へ全力で力を注ぐことができ、将来事業が大きくなる可能性も高まります。最初の頃は収入に対し、税理士に払う料金が高く感じるかもしれません。しかし、のちのち事業が大きくなっていくことを考えたら、はじめから税理士に相談していた方が節税の面で大変有効になります。
確定申告を川崎や武蔵小杉の税理士に依頼する場合、収入や税理士事務所によって料金が変わってきます。自分でどこまでやるかということでも、料金が変わってきます。帳簿は自分で記帳し、確定申告だけお願いするなら、全てを税理士に丸投げするよりは安く済みます。税理士に丸投げをすると、やはり料金は高くなります。
確定申告に関することを、自分ですべてするという方法もあります。その場合は税理士費用がかかりません。近年はクラウド系の会計ソフトがとても便利で使えるものになってきました。昔のように書面ですることに比べて、初心者にもわかりやすくなっています。わからないところがあったときにも、ネット上で相談できる機能があります。
しかし、それでも勉強をしながらではないと、苦しいところが出てきてしまします。入力する時間、調べる時間、勉強する時間、チャットで相談する時間、全部でどれだけの時間が取られてしまうのでしょうか。税理士に費用をかけて事業に最大限の力を注ぐか、確定申告に関することをすべて自分でやって節約して事業にかける時間を削るのか、決めるのはそれぞれの考え方次第です。
他には精神衛生面も考慮するという観点からみると、税理士に相談した方がいいと感じるところは多いです。自分でやっていると、つねに合っているのかどうかの不安もつきまといますし、万が一税理士調査がきてしまったらどうしようと、来るか来ないかもわからないのに、余計な心労を増やしてしまいます。時間だけではなく、精神面でも事業を全力で行っていきたいものです。
以上のように税理士に確定申告を依頼するのに、メリットもデメリットもあります。時間、費用、精神衛生面のバランスを、一度しっかり考えてみるべきです。
最初はクラウド系ソフトで頑張っていた人が、のちに税理士さんにやっぱり依頼するというパターンは非常に多いです。そうなってしまうなら、最初から税理士に任せてしまった方が費用・節税どちらの面から見ても得なので、確定申告は最初から税理士に依頼するのが最適です。

▲ ページトップへ